2018/05/05 19:00

連休明けのブルーな気持ちを吹き飛ばす、4つのアイディア

GW明けは、なんだかやる気が出ない、気持ちが前向きになれないなど、「五月病」とよばれる気持ちの落ち込みを感じる人も多いのでは? 気候も過ごしやすいのに、なぜか気持ちは晴れず、鬱々とした気持ちで過ごすのはもったいないですよね。

仕事もプライベートも前向きに過ごすために、連休中にこんなことを試してみてはいかがでしょう。

今回は、国際中医薬膳師の筆者が、春にブルーな気持ちになってしまう原因と、連休明けのブルーな気持ちを防ぐコツをご紹介します。

春にブルーな気持ちになってしまう原因は?

西洋医学では、天候や環境の変化によるストレスなどによる自律神経の乱れといわれますが、東洋医学では「肝」の気の不調と捉えます。

万物を5つのエレメントに分ける東洋医学では、春の五臓は「肝」、五志は「怒」とされ、「肝」をいかに労わって過ごすかが、春を気持ち良く過ごすコツになります。

東洋医学での「肝」は、体がきちんと機能するように気を巡らせ、血液の貯蔵や流れを司る大切な役割を持っているのですが「肝」はストレスに弱く、とっても繊細。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >