2018/06/08 19:00

眼科医が教える!目を紫外線ダメージから守る方法3つ

紫外線対策は、実は目にも必要なことを知っていますか? 強い紫外線が目に入ると、シミやそばかすの原因になることがあるのだそうです。
それだけでなく、充血や痛み、眼病リスクもあるのだとか。

そこで今回は中目黒眼科の院長である杉本由佳先生に、目の紫外線ケアについて教えていただきました。

目に紫外線を浴びると肌の日焼けにつながる!?

杉本先生によると、目に紫外線を浴びると、肌が日焼けしたかのようになり、シミやそばかすにつながることがあるのだそうです。

杉本先生:『目の日焼け』は『肌の日焼け』の一因になることが実験研究でわかっています。

目に強い紫外線が入ると、それを察知した脳は防御反応を示し、体内にシミ・そばかすの原因となるメラニン色素を作るように命令を出します。

メラニン色素といえば紫外線から皮膚を守るために分泌されるものですが、過剰に生成されてしまうとシミやそばかすの原因になることがあります。

また杉本先生によると、肌へのリスクだけでなく紫外線には充血やヒリヒリする痛みの原因になるほか、眼病リスクもあるそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >