2018/06/20 20:00

夏冷えやダイエットに!10分で完成するキムチチャンプルー #ヘルシー残業ご飯

梅雨は意外とじめじめして蒸し暑いもの。各所で冷房がかかっているので、身体が冷える……という悩みをお持ちの人も多いですよね。

そこで今回は代謝を上げて冷えた身体を内側からあたためてくれるキムチチャンプルーのレシピをご紹介します。

キムチに含まれるカプサイシンは脂肪の燃焼をサポートする働きがあると考えられているので、夏にむけてダイエット中の人にもおススメです!

タイムスケジュール

夏冷えやダイエットに◎!キムチチャンプルー

エネルギーの代謝に関わるホルモン分泌を促し、脂肪の燃焼を助ける働きを持つと考えられているキムチ。夏冷えやダイエットのサポートとして上手く料理に活用するといいですね。

既に味付けがされているので、過剰な味付けは塩分過多になる恐れがあります。味見をして必要なら少量ずつ加えるようにするといいですね。

キムチはカロリーも低く、他の食材と組みあわせることで簡単なおかずが1品作れるのが利点の1つ。
夏冷えがきつい時はショウガなどと一緒にスープにしてもいいですね。

今回一緒にあわせていくのは、疲労回復効果があるといわれるオクラ。オクラに含まれるペクチンには胃壁を保護してたんぱく質の吸収を助けることからスタミナ強化としても期待されているのだそう。夏の疲れにも期待できそうですね。

炒めても崩れにくいので今回は厚揚げを使っていますが、普通のお豆腐でもOK! 水切りすると崩れにくくなりますよ。

【材料】1人分

キムチ 50g
タマネギ 4分の1個
もやし 3分の1袋
オクラ 3本
ピーマン 4分の1個
卵 1個
厚揚げ 2分の1枚

醤油・砂糖・ゴマ油 適宜

【作り方】

1. タマネギ、ピーマンは薄切りに、オクラは縦半分に切っておく。
2. ゴマ油を敷いたフライパン、2〜3㎝に切った厚揚げと野菜、キムチを入れて炒める。野菜に火が通ったら、溶いた卵をまわし入れてほどよく加熱し、ごく少量の醤油、砂糖で味を整えたら完成。

雑穀ごはん

【材料】1人分

雑穀ご飯 約お茶碗1杯分

【作り方】

冷凍してあるご飯を解凍して盛り付けたら完成。


いかがでしたか? キムチを活用した簡単レシピで、夏冷えを乗り切りましょう。

ライタープロフィール

ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵

日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。

【保有資格】

野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター

【あわせて読みたい】
▽夏冷え対策をもっと見る
・夏冷えやむくみをリセット!お家で簡単にできるエステ風呂
・疲れや抜け毛の原因にも?女性に多い夏冷え3タイプ&対策法
・ペアで効果倍増!夏冷え対策「生姜&大葉」の簡単レシピ
・夏の体調不良は「冷え」が原因かも!?夏冷え対策まとめ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
・「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

【参考】
※カプサイシン – わかさの秘密
※オクラ – わかさの秘密

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >