2018/07/04 22:00

今さら聞けない!オーガニック化粧品の選び方とおすすめブランド

一方、欧米では「ECOCERT(エコサート)」などの有機認定機関があり、それぞれの団体で決められた基準を満たしたものがオーガニック化粧品として認定されています。

また、世界的な動きとして、国際標準化機構(ISO)が天然及び有機化粧品成分の技術的定義や基準の指針を発行したことを受け、日本でも2018年、日本化粧品工業連合会が、これに基づく化粧品の自然及びオーガニックに係る指数表示に関するガイドラインを作成しました。

ただこのガイドラインも、製品が「オーガニック化粧品か否か」を判断するものではなく、あくまで指数計算をするための基準だそうです。

このように、オーガニック化粧品の日本での基準はまだまだ曖昧ですが、一般的には、オーガニックで育まれた自然由来の原料を含み、石油などに由来するケミカルな原料を極力含んでいないものと言われています。

オーガニック化粧品には、自然のエネルギーでたくましく育った植物の恵みが詰まっており、オーガニック化粧品を使ってお手入れすることは、肌が本来持っている美しさを時間をかけて引き出していくことが期待できると言えるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >