2017/12/02 18:35

ワセリンで乾燥肌は改善できる?

ドラッグストアや薬局にいくと、「ワセリン」が並んでいるのをよく見かけますが、ワセリンにはどのような効果があるのでしょうか。今回は、乾燥肌に対するワセリンの効果をご紹介していきます。

全身の乾燥対策に使える「ワセリン」

ワセリンは、鉱物油(ミネラルオイル)からつくられている油で、皮膚に塗ると、バリアのように肌表面をコーティングして、皮膚から水分が奪われるのを防いでくれます。

肌への刺激が少ないため、皮膚科でも使用されており、赤ちゃんから大人まで、安心して使用できます。また、コストパフォーマンスに優れているということも、ワセリンの大きな魅力です。

乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているサイン

皮膚の一番外側には、バリア機能を持つ「角質層」があります。バリア機能とは、外部の刺激をブロックしたり、肌内部の水分が蒸発しないようにしたりする力のことです。健康的な角質層の内部は、水分をたっぷり抱えこんだ細胞が整然と積み重なり、細胞と細胞の間を細胞間脂質がぴったりと埋めつくしています。これによって、水分や異物が通過しないようにしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >