2017/08/31 20:10

抗生物質を直接注射!早くニキビを治したい人のための治療法

ニキビに悩んで皮膚科を受診すると、まず処方される治療薬は抗生物質でしょう。そこで、一般的な治療法として認識されている抗生物質の効果について解説します。

重症の赤ニキビには抗生物質の注射が効果的

ニキビの治療で処方される抗生物質は、白血球の一種である好中球が毛包へ集中するのを抑える効果があり、内服用と外用薬のどちらも複数の種類が存在します。

内服用の抗生物質ルリッド、クラリス(マクロライド系抗生物質)ミノマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)

マクロライド系抗生物質は副作用が少なく、長期にわたる服用が可能なタイプです。テトラサイクリン系抗生物質は治療効果が高い一方で、色素沈着や胎児への催奇性といった副作用が確認されています。そのため、ミノマイシンが処方されるのは、重症のニキビでマクロライド系抗生物質が効かない、若い男性が多いです。

外用薬の抗生物質アクアチムクリーム、アクアチムローション(ニューキノロン系抗生物質)ダラシンTゲル、ダラシンローション(リンコマイシン系抗生物質)

アクアチムは歴史の長いニキビ治療薬ですが、ダラシンはアクネ桿菌やブドウ球菌を殺菌する効果が期待できる、比較的新しい治療薬です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >