2018/02/14 18:35

加齢臭が強くなる原因を突き止めた!

加齢臭の基はノネナールというニオイ成分

古いロウソクや古本のニオイなどにも例えられる「加齢臭」。あの独特のニオイの基となるのは「ノネナール」というニオイ成分です。ノネナールは、皮脂腺から分泌される脂肪酸が過酸化脂質によって酸化することで作られます。

加齢臭が強くなる原因

ある程度の年齢に達すると、多少の加齢臭が発生するのは避けられないことです。でもニオイが強い場合は、食生活や生活習慣に原因があると言われています。特に肉類や揚げ物などの脂っこいものの食べ過ぎは、皮脂腺の脂肪分を増やし、ノネナールを増加させます。

もちろん、お風呂に入らなかったり、同じ衣類を何日も着続けたりするなど体を不潔にしていることも加齢臭を強くする原因になります。

活性酸素も加齢臭の原因に

加齢臭には、活性酸素も大きく影響していると言われています。活性酸素とは、体の中に侵入した細菌を攻撃する物質で、私たちの健康に欠かせないものです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >