2017/12/08 18:35

ニキビを皮膚科で治す!!

ニキビを皮膚科で治す

ニキビをホームケアで治そうとしてもなかなか治らなかったり、やり方次第では悪化させてしまうこともあり得ます。ニキビの症状に合わせ、皮膚科の診療も考えた方が良い場合もあるでしょう。

ここでは皮膚科で行う様々な診療方法のうち、保険が適用される4つの治療法についてご説明します。

外用レチノイド

海外では主流のニキビ用塗布薬で、日本でも2008年に保険適用の認可がされました。

この治療薬は毛穴のつまりを取り除く作用があり、ニキビの前段階である微小面皰(めんぽう)がニキビになるのを防ぎ、現在あるニキビの治りを早くします。

つまり赤く炎症を起こしてしまったニキビに対しては、この外用レチノイドの塗布だけでは治療は難しく、後で説明する抗菌薬の服用、または塗布が必要となる場合もあります。

また外用レチノイドは皮膚の角質を薄くして新しい皮膚の生成を促すため、皮膚が赤くなる紅斑と呼ばれる症状や皮膚がヒリヒリとした痛みなどの随伴症状が現れることもあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >