2017/10/02 18:35

ウォータープルーフはNG!男性用日焼け止めの選び方

男性はつけ心地を重視

シミやシワ、たるみなど、肌の老化を防ぐためには、日常的に日焼け止めを使い、紫外線対策をすることが大切です。でも男性には、日焼け止めというとベタつきそうな気がして、つけることに抵抗を感じる方も多いかもしれません。

そんな方は日焼け止めを選ぶ時に、つけ心地を重視してみてはいかがでしょうか。ジェルやローション、スプレーなど、最近ではサラっとしたつけ心地のものがたくさんあります。

また、男性にはつけても肌が白くならないタイプのものがオススメです。購入する前に店頭のテスターを使い、付け心地や白浮きしないかを確認してみましょう。

ウォータープルーフはNG

ウォータープルーフの日焼け止めは水や汗に強く、持ちが良いのが魅力ですが、普通の洗顔料で洗っても落ちません。日焼け止めをきちんと落とさないと、肌荒れなどの原因になりますので、男性は洗顔だけで落ちるタイプのものを選んだ方が良いでしょう。

「SPF」や「PA」はどのくらいが良い?

日焼け止めには「SPF」や「PA」という紫外線カット指数が表示されていますね。地上に届く紫外線は2種類あり、シミ、しわ、たるみなどの肌老化の原因になるのが「UV-A(A波)」、日焼けの原因になるのが「UV-B(B波)」です。そしてUV-Aを防ぐ効果の指標が「PA」、UV-Bを防ぐ効果の指標が「SPF」です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >