2017/12/07 18:35

最近口が臭い…まずピロリ菌を疑え!

十二指腸潰瘍ってどんな病気?

「十二指腸」は胃と小腸を繋いでいる消化器官で、胃から送られてきた食べ物を、胆汁や膵液でさらに消化するという働きをしています。

この十二指腸に、胃液に含まれる塩酸が流れ込み、粘膜がただれたり、えぐられたりするのが「十二指腸潰瘍」です。

みぞおち辺りに痛みを感じるので、胃潰瘍と症状が似ていますが、胃潰瘍が食後に痛みを感じることが多いのに対して、十二指腸潰瘍は空腹時や夜間に痛みを感じることが多いようです。また胸焼けやゲップ、吐き気や食欲不振などに陥ることもあります。

十二指腸潰瘍と口臭の関係

十二指腸潰瘍になると、消化不良を起こしやすくなります。すると食べた物が体の中に停滞してしまい、異常発酵して臭い物質が発生します。

この臭い物質が、血液中に取り込まれて全身をめぐり、肺にまで到達すると、息に混じって口から吐き出されるので、口臭が強くなるのです。十二指腸潰瘍が原因の口臭も、胃潰瘍のときと同様に、卵が腐ったような臭いの口臭がすると言われています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >