----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/24 18:35

ニコチンで口内炎ができる!?

口内炎には色んな種類がある

「口内炎」とは、頬の内側や歯茎、唇の裏側など、口の中の粘膜に起こる炎症の総称のことで、さまざまな種類があります。代表的な口内炎は、アフタ性口内炎、カタル性口内炎、ウイルス性口内炎、カンジダ症口内炎、アレルギー性口内炎、ニコチン性口内炎などです。

代表的な口内炎の種類と特徴

【アフタ性口内炎】
一般的にもっとも多くみられる口内炎で、赤く縁どられた白い小さな潰瘍ができるのが特徴です。通常なら10日〜2週間ほどで自然に治りますが、繰り返しできる場合は、「再発性アフタ性口内炎」と呼ばれます。潰瘍ができた部分が痛み、特に塩分や酸味の強い食べ物がしみて痛みます。ちなみに「アフタ」とは「潰瘍」という意味です。

【カタル性口内炎】
口の中の粘膜が赤く腫れ上がったり、ザラザラと荒れたり、白くただれたりする口内炎で、アフタ性口内炎のように境界線がはっきりしていないのが特徴です。潰瘍ができるわけではないので、痛みはそれほど強くありませんが、唾液が増えたり、口の中が熱くなったり、味覚が落ちたりします。「カタル」とは「流れる」という意味です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >