2017/10/22 18:35

足が臭い? 水虫、多汗症、糖尿病を疑え!

臭いは、身体からのSOSでもある

毎日きれいに足を洗っているし、日中のニオイ対策もしているのに、足の臭いが全然治まらない! そんな場合は、ひょっとすると病気が原因で臭っているのかもしれません。

臭いは、体からのSOSでもあります。通常ならば、足の臭いが発生しないような環境でも臭いがしている場合は、別の病気が関係していることが考えられます。足の臭いが原因で考えられる病気は、主に「水虫」、「多汗症」、「内臓疾患や糖尿病」があります。

水虫

水虫の人は足が臭い、というイメージがあるのではないでしょうか。しかし、水虫の原因菌である白癬菌は臭いは発しません。白癬菌はカビの一種で、もともと人間の皮膚には存在しない菌です。足の臭いの原因となるのは、もとから人の皮膚に住んでいる「皮膚常在菌」という菌です。

白癬菌と皮膚常在菌の好む環境は非常に似ています。どちらも高温・多湿を好むのです。ですから、足の臭いと水虫は併発することが多くなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >