2018/01/09 18:35

カミソリ負けのブツブツって、じつはカビかも!?

カミソリ負けを治療するなら皮膚科が一番

どんな病気にも当てはまることですが、費用や時間のことを考えなければ、最もよい治療法は「医師に診てもらうこと」です。カミソリ負けも例外ではありません。

カミソリ負けを治すなら、皮膚科へ行きましょう。皮膚科では、まずカミソリ負けの患部を検査して原因を突き止め、それぞれの症状に合った治療法を行ってくれます。

カミソリ負けの検査

カミソリ負けは、正式には「尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)」と言います。カミソリによりできた皮膚の小さな傷から、皮膚常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が侵入して起こり、赤いブツブツが現れます。

同じような症状でも、稀に細菌ではなく白癬菌(はくせんきん)やカンジダ菌などのカビの仲間が原因となることもあり、それぞれ白癬性毛瘡(はくせんせいもうそう)、カンジダ性毛瘡と言います。これらの場合、治療法も異なってきます。

皮膚科では、カミソリ負けと思われる発疹には、顕微鏡検査を行います。実際に発疹の膿を採取し、顕微鏡で菌の種類を検出します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >