2018/02/02 18:35

【男性ホルモン】が引き起こす【薄毛】のメカニズム

男性ホルモンが引き起こす薄毛のメカニズム

男性が薄毛になる原因にはさまざまなものがありますが、もっとも大きな原因とされるのが「男性ホルモン」の影響です。

ホルモンの役割は、環境や体調変化に対応できるよう、体の機能を刺激することです。男性も女性も、性別に関わらず両方の性ホルモンを持っています。

男性ホルモンである「テストステロン」が、毛乳頭や皮脂腺に存在する「5αリダクターゼ」という酵素によってより強力な「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わると、薄毛が引き起こされます。テストステロンには毛を太くする作用がありますが、より強力なジヒドロテストステロン(DHT)が毛母の働きを弱めてしまうのです。

男性が悩む薄毛の多くは、このようなメカニズムによる「男性型脱毛症(AGA)」といわれるもので、思春期以降に急激に増える男性ホルモンの影響によって引き起こされるといわれています。

男性型脱毛症(AGA)の対策方法

男性ホルモンが原因で薄毛になってしまった場合には、どのような対策方法があるのでしょうか?一般的に行われている方法をご紹介します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >