2017/08/29 20:10

熱中症の正しい処置の仕方

熱中症の正しい処置を覚えよう!

運動中などに、一緒に運動していた人が熱中症で倒れてしまったら、まずは応急処置を行おうとするのが正しい判断です。しかし、間違った方法を取ってしまっては、逆に熱中症を悪化させてしまう可能性があります。

熱中症は、命にかかわる病気です。正しい処置の方法をしっかりと身につけておき、いざという時に備えておきたいものです。今回は、間違えやすい熱中症の応急処置の方法を解説していきます。

とにかく涼しいところに移動させ、様子を見る?

熱中症の人は、とにかく体を冷やすことが大切です。倒れたら、まず涼しいところに移動させ、水分を補給させるべきでしょうか。

その前にやることがあります。それは、意識の確認です。意識がはっきりとしていれば軽症なので、現場での応急処置で回復しますが、呼びかけてみて、反応がおかしい、意識がないなどの症状があれば、重症の状態になってしまっている危険性が高いです。

こういった場合は、一刻も早い医療機関での治療が必要になります。意識障害が認められれば、まずは救急車を呼びましょう。周りの人と協力して、応急処置も同時に行うようにすれば完璧です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >