2017/12/01 18:35

抜け毛の治療薬の【種類】と【効能】

抜け毛治療薬の種類

日本で主に用いられる抜け毛の治療薬には、「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2種類があります。いずれも、日本皮膚科学会で「もっとも薄毛治療に有用」とされ、最高ランクの評価を受けています。単体での使用でも効果が見込めますが、併用することで相乗効果が期待できるともいわれています。

フィナステリドとは?

もともとは、前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として用いられた経口薬です。しかし、その過程で増毛効果が認められたため、1997年にFDA(米国食品医薬局)から認可を受け、薄毛治療薬としても用いるようになりました。世界60カ国以上で使用され、日本国内では2005年から「プロペシア」という名で製造・販売されています。男性にのみ使用可能な薬で、女性や未成年は使用できません。特に、胎児へ悪影響を与える可能性があることから、妊娠中の女性は触ることも禁止されています。購入は、病院でのみ可能です。個人輸入であれば市販でも購入できますが、偽造品や粗悪品などによる健康被害がたびたび報告されているため、おすすめできません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >