2017/09/09 20:10

寝不足でも【クマができない体質】がある。それってどんな人?

皮膚が薄いと“くま”が出る?

人の皮膚の厚さはその場所によってさまざまです。ほとんどの部分が2mm程度で、厚い部分では背中の皮膚が約2〜3mmです。一方、目の下はわずか0.5〜0.6mmと薄く、ほかの部分の4分の1ほど。

目の下にできるくまには、色素沈着や血行不良、加齢による皮膚のたるみの影がくまに見える、などさまざまな種類があり、種類によって原因も異なります。

茶くまと皮膚の薄さの関係

目の下や目の周りに現れる茶くまは、色素沈着が原因です。目の下の皮膚は、他の部分に比べて皮脂や汗を出す腺の数が少なく角質も薄いことから、乾燥しやすく、少しの刺激で傷ついてしまいます。外出時の紫外線や顔のこすり過ぎなどによる摩擦によって色素沈着が起き、くまが出やすくなります。

青くまと皮膚の薄さの関係

血行不良による青くまは、目の下を流れる血液がうっ血した状態になることで薄い皮膚から透けて見える症状です。皮膚が薄ければ薄いほど、血液の色は透けて見えますので、くまは出やすくなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >