2017/08/28 20:10

加齢臭とホルモンの関係

加齢臭と男性ホルモンは関係があるのか

加齢臭とホルモンの関わり合いはとても深いものだといわれています。しかし、加齢臭は男性だけのものなのでしょうか。ここではそのような加齢臭とホルモンの関係性について詳しくご紹介しましょう。

加齢臭とは

油っぽいにおいや、青臭いにおいといった独特なにおいの加齢臭。加齢臭は、皮脂腺から分泌される皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸が、酸化、分解されることでノネナールというにおいを発生させる物質が生成され、起こる老化現象です。基本的には年齢を重ねると出てくるものですが、最近では20代から30代の若い世代で加齢臭が気になり始める、若年性加齢臭に悩む方も増えているといわれています。

男性ホルモンの減少が加齢臭に繋がる?

加齢臭を起こすノネナールが「皮脂の中から作られる」と聞くと男性ホルモンが多い人ほど加齢臭に悩みやすいと思われがちですが、実は、男性ホルモンの減少が加齢臭を悪化させてしまう場合もあるとの見解もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >