2018/04/16 18:35

ストレスの溜め過ぎが、加齢臭を引き起こす

ストレスと加齢臭の関係

ストレスは万病のもとと言われるほど、さまざまな病気の引き金になるものです。ストレスが健康を阻害するといわれる一番の原因は活性酸素を増加させてしまうということ。この活性酸素が加齢臭を引き起こす大きな原因となるのです。

加齢臭は皮脂腺から分泌される皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって酸化・分解され、ノネナールという加齢臭の原因物質が生成されることで発生します。9-ヘキサデセン酸を酸化・分解する過酸化脂質は脂肪酸が活性酸素により酸化された物質。

つまり、活性酸素が増加することによって皮質の中の過酸化脂質も増加し、9-ヘキサデセン酸の酸化も加速、それによりノネナールも増加するということです。

ストレスが活性酸素を発生させるメカニズム

では、なぜ、ストレスが活性酸素を発生させてしまうのでしょうか?

ストレスを感じるとそのストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンが分泌されます。この副腎皮質ホルモンの分泌とそれが分解される過程で活性酸素が発生するのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >