2017/11/24 18:35

【加齢臭】を引き起こす食べ物・予防する食べ物

加齢臭は食事に影響される

まず、大前提として人間の体は食べたものでできています。体臭のもととなるものも口にしたもの。つまり、食事として摂取したものは体臭に大きな影響を与えるということです。

体臭に大きな影響を与えるもののひとつが脂質。皮脂腺やアポクリン腺からのにおい物質の元凶のほとんどが脂質からつくられる脂肪酸やアルデヒド類です。しかし、脂質の摂取をやめればよいかといえばそうではありません。

脂質には脂質の役割があるもの。脂質を摂取しなければ、皮膚の健康を保つことができず、反って加齢臭を悪化させることにもなりかねません。脂質は加齢臭の臭いを強くするからといって、まったく摂取しないわけにはいかないのです。

加齢臭に良い食事

では、加齢臭を抑えるために積極的に摂取したい食事とはどのようなものなのでしょうか?

抗酸化作用のある食事

加齢臭のもととなるノネナールは過酸化脂質と脂肪酸が結びつくことで発生します。体内に活性酸素が増えると過酸化脂質が増える傾向にあるため、この加齢臭を生み出す原因とも言える過酸化脂質を増加させないためにも、活性酸素を除去する効果のある抗酸化作用のある食事を摂取する必要があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >