2017/10/31 18:35

病院で受ける【イボ治療】のメリット・デメリット

冷凍凝固法ってどんな治療法?

病院で受けられるイボの治療法に、「冷凍凝固法(液体窒素療法)」というものがあります。これは、綿棒に染み込ませたマイナス196℃の液体窒素をイボに押しつけ、患部の細胞を壊死させるというもの。これによって、患部の下の細胞が活発に新陳代謝を繰り返すようになり、新しい皮膚が再生されて、イボを除去することができるのです。

冷凍凝固法は、日本で行われているイボの治療法としては、もっとも一般的な方法ですが、メリットだけでなく、デメリットもあるのが難点です。そこで今回は、冷凍凝固法のメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

冷凍凝固法のメリット

冷凍凝固法の1番のメリットは、健康保険が適用されるとうこと。イボを除去する方法には、レーザー療法などもありますが、全額自己負担になるケースも多いようです。その点、冷凍凝固法なら、健康保険が適用されやすいので、治療費を安く済ませられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >