2017/09/03 20:10

【乾燥肌対策】保湿力を高めるボディクリームの塗り方

ボディクリームで全身に潤いを

室内ではエアコン、屋外では紫外線や排気ガスといった外的刺激など、肌にとって過酷な環境が多いと思います。そのため、季節に関わらずカサカサの乾燥肌に悩んでいる方もいるでしょう。

顔だけでなく、腕や足、背中などまでカサカサが広がり、痒くてたまらないといった方は、ぜひボディクリームの使用をオススメします。ボディクリームには、さまざまな成分が配合されていて、成分ごとに役割を持っています。

化粧水を使った乾燥肌の保湿方法については『乾燥肌のための保湿』をご覧ください。

成分ごとの主な役割

(1)潤いを持続させる
もともと肌には自ら潤う力があり、これをNMF(天然保湿因子)と呼びます。乾燥による減少してしまったNMFに該当する成分を補い、潤いを持続させる役割があります。
配合成分:アミノ酸、ヒアルロン酸、尿素、グリセリンなど

(2)潤いを閉じ込める
潤いの成分を補っても、その潤いが蒸発してしまってはいけません。角質細胞の隙間を埋めて、潤いを閉じ込めることが大切です。
配合成分:セラミド、レシチンなど

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >