2017/12/27 18:35

日本人の70~80%が感染する【ヘルペス】とは

ヘルペスって何?

「ヘルペス」とは、「ヘルペスウイルス」が皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる感染症のこと。なんだかとても怖いウイルスのように感じるかもしれませんが、実はヘルペスウイルスは、誰もが感染しているウイルスで、人に感染するヘルペスウイルスのうち、単純ヘルペスウイルス1型には70〜80%、2型には2〜10%の日本人が感染していると言われています。

ヘルペス性口内炎とは?

この単純ヘルペスウイルス1型に、乳幼児が初めて感染したときに起こりやすいのが、「ヘルペス性口内炎」です。感染からすぐに発症するわけではなく、2〜7日間ほどの潜伏期間を経た後、まずは、39度前後の高熱が2〜5日続き、口や喉を痛がったり、歯茎が赤く腫れたりします。そして、解熱するとほぼ同時に、舌や口唇に口内炎が多発してきます。痛みは5〜7日、症状全体は7日から14日ほど続きます。

どこから感染するの?

ヘルペスウイルスは、人との接触によって感染します。乳幼児の場合は、ウイルスを持っている母親のキスや、食物を通して、唾液から感染することが多いようです。また、単純ヘルペスウイルスは感染力が強いので、直接的な接触だけでなく、ウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >