2018/06/18 20:00

寝る前に気をつけたい、髪にダメージを与える5つの原因

へアイロンやドライヤー、ハイライトなど起きている間に髪が受けるダメージは計り知れません。でも、寝る前の習慣もまた髪の毛にダメージを与えていることがあるのです。もし、朝起きたときに髪の毛がからまってチリチリになっていたり、いつもより枕についた抜け毛が気になったりするようなら、寝ているあいだに気づかず髪の毛にダメージを与えているかもしれません。

image via Shutterstock

ここではよくやってしまう間違いと、健康的な髪の毛で朝を迎えるためのポイントをご紹介します。

髪の毛をきついポニーテールにしばって寝る

20180618_hair1image via Shutterstock

ベッドでもきっちりとしたポニーテールをするのが好きな人は、朝起きたときに枕に髪がついているかもしれません。これは、きついポニーテールは髪の毛に負担をかけてしまい、根元から引っ張ることになるからです。

とくに寝ているあいだに寝返りを打つのがよくない、とニューヨークにあるSchweiger Dermatology Groupのマーラ・ワインスタイン・ヴェレズ医師は話します。これを毎晩していると、ダメージが蓄積してしまいます。「きついポニーテールがお気に入りのヘアスタイルで、長年やってきた、という人は牽引性脱毛症になっているかもしれません。これは、顔の生え際の部分の毛が短くなったり、うすくなったりする症状です」とヴェレズ医師は説明します。(パニックになる前に、これは何年も髪をきついポニーテールにしている人や、みつあみをしている人に起きるものだということを知っておいて)。ヴェレズ医師は、髪をむすぶならゆるいポニーテールにするようすすめています。Bosley Professional Strengthのディレクターで毛髪学の専門とするミシェル・ブレイザーさんがすすめるのは、ゆるい三つ編みです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >