2018/06/27 10:30

先人からの知恵を受け継ぐ、北海道のハマナスを使ったオーガニックコスメ

北海道の花と言えば、富良野のラベンダーや五稜郭の桜などが有名ですが、「ハマナス」も忘れてはいけません。ハマナスは日本原種のバラで、英名は「Japanese Rose」。北海道に多く自生するバラ科バラ属の落葉低木です。

豊かな大地と住民の想いが育んだオーガニックコスメ

1806_rosarugosa_02

その昔、アイヌの人々は、海辺の砂地に自生するハマナスをさまざまな用途で利用したそうです。ビタミンCの供給源として花びらを煎じて飲み、気持ちを落ち着かせるハーブとして香気を身につけ、疲労回復に効くとして秋に色づく果実を食料にしていたなど、諸説が口承されています。

1806_rosarugosa_03

この度、そのハマナスを使ったオーガニックコスメ「rosa rugosa(ロサ・ルゴサ)」が誕生しました。使われるハマナスは、北海道十勝郡浦幌町で栽培されたもの。東は丘陵、南は太平洋に面した南北に長い街で、夏が訪れると、浦幌町の海沿いは鮮やかな紅紫色に染まります。自然豊かな街ですが、いまでは過疎化が進み、働き口の減少などの問題が起こっているのだそう。そこで、持続可能な地域づくりを目指し、地域活性化に取り組む「株式会社ciokay」が立ち上がり、浦幌町の子どもたちから得たアイディアをきっかけに「rosa rugosa」を生み出しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >