2019/07/23 21:00

植松晃士 それお面⁉ 40代が「やってはいけない」夏メイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

夏休みはどうお過ごしになるご予定かしら。リゾート、ビーチに行くなら、前回話題になったロングワンピースをぜひご堪能あれ~♪

 

夏になると必ず起こる事件

さて。今回は夏になると必ず起こる「顔とお洋服の大喧嘩」について、です。

前回と似たようなお話になりますが、夏になるとよく見かけるのが、コットンでフリルがいーっぱいついた、ラウンドネックでAラインのギャザーワンピース姿。昭和のアニメで言うところの『南の島のフローネ』(覚えてる?)のフローネのいでたちのような。もちろん、夏の召し物としては涼しいし、着心地がいいから悪くないとは思います。でもね……。

 

問題はメイク! なんでフルメイク? しかも、通常より1.5倍は明るく仕上げました!っていう顔! どこの下地を使ってるの?と思わず聞きたくなっちゃうくらい白浮きしているって、ありえないから~。

 

もともとは、下着や農夫のお洋服

コットンのワンピース、実は中世の時代ヨーロッパでは下着という扱いです。もともと外出着ではないの。あるいは農夫のお洋服。ほら、有名な「落穂拾い」のスタイルです。モード界では、ペザント(農民風ファッション)と言うんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >