2017/07/02 20:00

「ほめられる肌」になりたい。汚肌に悩んでわかった40代からのスキンケア

「ほめられる肌」になりたい。汚肌に悩んでわかった40代からのスキンケア
「ほめられる肌」になりたい。汚肌に悩んでわかった40代からのスキンケア

40代ともなると肌の悩みは尽きません。シミ、シワ、たるみ、くすみ……昔はこんなじゃなかったのに、年齢を重ねたせいでしょう。でも! 何歳になっても「ほめられる肌」になりたいというのが女心というものです。たとえ枕詞に「〇歳にしては」がついたとしても。40代はもちろん、50代になっても60代になっても「ほめられる肌」になりたい。そう思いながら40代からのスキンケアについて考えてみました。

 

アラサーのときは「汚肌」でした

お見苦しくてすみません。(左)30歳ごろの肌。大人のニキビと赤みに悩んでいた。(右)43歳のときの肌。修正・加工はしていません!

ここ数年、肌測定器で肌年齢が若いと診断されたり、美容部員のお姉さんに「きめ細かくてキレイな肌ですね」とほめてもらったり、年下の男性に10歳若く見てもらえたり(-10歳肌エピソードはコチラ( https://otonasalone.jp/16015/ ))……。ありがたいことに45歳にしては肌をほめていただけているのですが(多少の社交辞令も含む)、実はアラサー世代のときはひどく肌が荒れていました。上の写真のように、顔の下半身がほぼ吹き出物で覆われていたんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >