2017/11/10 20:00

クラブママが伝授!「もうオバサンと言わせない」40代の若見えベースメイク

クラブママが伝授!「もうオバサンと言わせない」40代の若見えベースメイク
クラブママが伝授!「もうオバサンと言わせない」40代の若見えベースメイク

鏡を見るたび「このシミを消したい、このシワも隠したい」と思うことの多い40代の肌。しかし、完璧に隠すことと「若見せ」は必ずしもイコールではありません。むしろ、塗れば塗るほど、若さと清潔感から遠ざかってしまうのが現実。CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

1・よく動く目元・口もとほど薄く塗る

悩みの多い目元のシワ、口もとの法令線。しっかり隠したつもりなのに、外出先で鏡を見てガクゼンとした経験はありませんか?塗りすぎは、表情が動くたびによれたファンデがシワや溝に溜まり、いっそう老けた印象になってしまいます。

「よく動く場所ほど薄く塗る」が基本。

頬などの広い部分からファンデを軽く延ばし、シワの上でトントンと優しくなじませましょう。

 

2・化粧下地は必須アイテム

スキンケアのあとに直接ファンデーションを塗っている方、たまに見かけます。

美しいメイクのために欠かせないのが「化粧下地」です。ファンデの密着感を高めるばかりではなく、化粧品の添加物が毛穴に溜まるのを防ぐ保護の役目もしてくれます。また、メイクを落とす際は洗浄をスムーズにさせ、肌を傷めない効果もあるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >