2017/12/02 11:30

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…
「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出したかったんでしょうねぇ。そのうち、忙しくてサロンに定期的に通えず、まばらなまつエクがイヤになってやめてしまいました。

 

私が50歳になって「まつエク」に再び手を出したワケ

もちろん、今でもぱっちりした目でありたいと思いますが、50歳を超えるとそういう演出の前に、自分のまつ毛が抜けて痩せて少なくなっているという現実にぶつかるんです……。で、どんなに優秀なマスカラを使っても「効果が今ひとつ」というがっかり感が。そこで、素直に「毛の数を増やしてふさふさにしたい」とおやじのような願望が頭をもたげたのです。

で、久しぶりにまつエクサロンへと出かけました。何でもそうですが、日進月歩。毛やグルーの質、サービス、施術時間、仕上がり、装着感、価格などすべてが昔より格段に進歩していてビックリ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >