2018/04/24 12:00

40代でもラクラク10kgやせた!「永久に続けられるダイエット」とは?

40代でもラクラク10kgやせた!「永久に続けられるダイエット」とは?
40代でもラクラク10kgやせた!「永久に続けられるダイエット」とは?

女性なら、誰でも取り組んだことのあるダイエット。一時的に体重は落ちても、すぐにリバウンドしてしまったり、そもそも続かなかったり……という経験は誰にでもあるはずです。一生リバウンドしないダイエット成功の条件は「どんなダイエットをするか」ではなく、「いかに続けるか」にありました。

 

イラスト/上田惣子 「10キロやせて永久キープするダイエット」より

 

我慢が必要なダイエットは続かない

 

私たちのダイエットは、どうして続かないのでしょう。

答えは簡単。

 

「我慢に我慢を重ねた、つらいダイエット」

 

をしているから。

 

食べたいのに我慢、つらい運動を無理して実行……では、長続きしないのも当然です。

たとえ目標体重をクリアしたとしても、その時点でつらかった食事制限や運動をやめてしまうため、リバウンドして苦労が水の泡……になってしまうのです。

イラスト/上田惣子 「10キロやせて永久キープするダイエット」より クリックで拡大

 

 

 

ダイエットに「我慢」の2文字がなければ、いつまででも続けられるはず。

これからは、「続けられるかどうか」を基準にして、ダイエットに向き合ってみましょう。

 

 

やってはいけない! 自分に合わないダイエット

 

やせるためにはとりあえず、巷でブームになっている「◯◯ダイエット」を試してみたくなります。

しかし、他人が成功したとしても、自分の価値観や性質に合わないダイエットでは、続くはずがありません。

 

たとえば、

・パンやお米が好きな人が……糖質制限ダイエット

・食べることが好きな人が……置き換えダイエット

・甘いものが好きな人が……おやつ抜きダイエット

・家族との団らんを大切にしている人、外食の多い人が……夕食抜きダイエット

・運動が嫌いな人が……ジョギングやウォーキングよるダイエット

・忙しい人が……ジム通いや朝晩のウォーキング

 

これらのダイエットは、いかにも続かなそうですよね。

自分にはどんな方法が向いているのか、向いていないのか、そしてどんな方法なら続けられるのかを考え、検証することが、ダイエット成功への近道といえそうです。

イラスト/上田惣子 「10キロやせて永久キープするダイエット」より クリックで拡大

 

40代のダイエットは「知性」がカギ

 

「一生続けられるダイエット」を実行し、リバウンドをしないためには、やみくもにはじめるよりも、まずは「自分自身と向き合うこと」が大切です。

自分の頭で考え、これまでの知識を生かして自分で選び、工夫するという「知性」がものをいうのです。

 

『10キロやせて永久キープするダイエット』では、子どもの頃からずっと小太りで、これまで何度もダイエットに失敗してきた40代の著者が、心理学者の先生から教えを請うことによって、これまでの自分のダイエットの愚かさに気づきます。

著者によれば、「続けられるダイエット」をするためには、

 

・ダイエットをしていることを忘れること(習慣)

・自分の価値観や性質を否定しないこと(自己受容)

 

が肝心だそうです。

 

そのためには

 

  1. 自己分析をする
  2. 自分に合った方法を模索する
  3. トライ&エラーを繰り返しながら、一生ものの習慣を身につける

 

というステップを踏むことが大切なのです。

 

自分の生活や嗜好を見つめ直し、自分に合った方法を自分で考えながらダイエットを続けたところ、体重62.5kgだった著者が、我慢や苦労とは無縁の生活で目標の52.5kgまでするするとやせていきました。そして、「まったくつらくなかったから、一生続けられる」と確信したそうです。

 

before

 

ひまわり畑のなかで、デブ隠しのチュニックを着た著者。62㎏(身長156.5㎝)

 

 

after

52.5㎏。40代半ばにしては、まあまあいけてる……のでは!?

 

『10キロやせて永久キープするダイエット』山崎潤子・著 海保博之・監修 1,296円(税込)/文響社

 

我慢せず挫折せずに楽々ダイエットを続け、目標達成後もリバウンドせずにキープし続けるためのコツやヒントが満載。万年小太りダイエッターの著者自らが2年間かけて実践しました。

 

hontoはこちら

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >