2018/06/12 17:00

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道でサロン勤務をしていました。

そんな私がどんな髪悩み遍歴を送ってきたのか、そしてここ数年の髪のダメージや老化で何に悩み、「ヘアスタイル難民」を脱出するまで何をしてきたのか、順番にご紹介します。

 

まず、私の「髪悩み歴」を公開

【~思春期】生まれついての髪質&悩み。あだ名は「しめ縄」

生まれつき、とにかく毛量が多いストレートの黒髪だったため、中学校の時に三つ編みにしていたら、男子から「しめ縄」というあだ名をつけられました。当時はワンレンの流れがまだ残っていたため、髪を梳いたりレイヤーを入れてカットをすることもなく、一度濡れたらドライヤーをフル活用しないと朝まで乾かないのが悩みでした。

 

高校時代、ポニーテールにしてバレッタで留めていたら、授業中にパーンと音がして、バレッタが毛量に負け弾け飛んだことも。やたらと頭が痛いなと思っていたら、髪の重みによる肩こり&頭痛だということが判明し、それを機に当時人気だった内田有紀風のショートカットに。毛の量が多くても若いうちはツヤツヤのストレートだったので、そこまで不便さや見た目のコンプレックスを感じることはありませんでした。そこから10代の終わりまで無難なヘアスタイルが続きます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >