2018/06/06 17:45

「言葉にできないわ」盲目の女性が医療用メガネで初めて補助犬の姿を目にした瞬間が感動的です

「言葉にできないわ」盲目の女性が医療用メガネで初めて補助犬の姿を目にした瞬間が感動的です
「言葉にできないわ」盲目の女性が医療用メガネで初めて補助犬の姿を目にした瞬間が感動的です


一緒に暮らす動物を家族同然に思っている人は多いことでしょう。それが、自分の目の代わりとなってくれる補助犬であれば、より愛情がわくのも当然かもしれません。

今回ご紹介するのは、アメリカのノースカロライナ州ナッシュビル在住のMary Sedgwick(メアリー・セドウィック)さんという女性が視力を失って以来、医療用のメガネを使って初めて自分の補助犬であるLucy(ルーシー)を見たときの動画。

8年間という年月を共にしてきたルーシーの姿を初めて見て、彼女はどんなリアクションを示したのでしょうか?

【絶望から救ってくれた補助犬ルーシー】
現在48歳であるメアリーさんは1997年、医学部生の4年生だったときに両眼を視神経炎と診断され視力障害をわずらい、2003年には完全に失明してしまったといいます。


視力を失い、医者になりたいという夢もあきらめるのは、彼女にとって非常につらいことだったのは想像に難くありません。けれど補助犬であるゴールデンレトリバーのルーシーが彼女のもとへ来てくれたことによって、人生が少しずつラクに、そしてふたたび毎日を楽しめるようになっていったそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >