2017/08/19 19:00

長距離移動中に要注意!「エコノミークラス症候群」の予防法5つ

長距離移動中に要注意!「エコノミークラス症候群」の予防法5つの画像
長距離移動中に要注意!「エコノミークラス症候群」の予防法5つの画像

文/中田綾美

お盆休み中、長距離旅行に出かける人も多いでしょう。その際、ちょっと留意しておきたいのが“エコノミークラス症候群”です。

飛行機、電車、マイカーなどで長時間座ったままの環境にいるときに起こりやすいエコノミークラス症候群は、最悪の場合、死に至るおそれもあるといいます。

今回は、熊本市民病院首席診療部長の橋本洋一郎氏の著書『毛細血管で細胞力は上がる』(小学館)を参考に、エコノミークラス症候群の予防法をご紹介しましょう。

■エコノミークラス症候群が発症するメカニズムとは?

元サッカー日本代表の高原直泰選手が飛行機のなかで発症したことで、一躍知られることとなった“エコノミークラス症候群”。

エコノミークラスに限らず、ビジネスクラスでもファーストクラスでも、さらに言うならば、乗り物に限らず、長時間のデスクワークでもこの症状を引き起こすおそれがあるとのことです。

長時間同じ姿勢で座り続けると足の血流が悪くなり、足の静脈のなかに“血栓(血のかたまり)”ができます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >