2017/10/30 21:00

脳にも悪影響が!?「座りっぱなしの生活」がもたらす意外なリスクとは

脳にも悪影響が!?「座りっぱなしの生活」がもたらす意外なリスクとはの画像
脳にも悪影響が!?「座りっぱなしの生活」がもたらす意外なリスクとはの画像

写真・文/三崎由美子

年齢を重ねるとともに、体を動かしたり歩くのが、つい億劫になりがちですね。さらに家でデスクワークをしたり読書したり、あるいはクロスワードに熱中しているなど、頭を使っているときは、座っていることがほとんどでしょう。

しかし、長い間座りっぱなしで過ごしていると、血糖のコントロールが悪化し、認知能力の低下につながる恐れがあるとの研究を、西オーストラリア大学の研究グループが、米国アルツハイマー協会の専門誌に発表しました。

一体どういうことなのでしょうか。
■血糖コントロールと脳の健康の関連性
人間の脳の重さは、体重の約2%に過ぎませんが、休息時の消費エネルギーの約20%を必要とします。その主な燃料はグルコース、すなわち血糖です。このエネルギー供給が中断されると、脳細胞を損傷する恐れがあることから、脳細胞への血糖の供給状況が、脳の健康に影響を与える可能性があると推論されているのです。

研究によれば、脳の血糖値が高すぎても低すぎても、痴呆を発症するリスクが増大する可能性があるとのことがわかっています。さらに血糖値の変動の幅が大きくなると、認知機能の低下につながることはすでに観察されています。だからこそ、血糖値の高低の切り替えが重要な意味を持ちます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >