2017/11/29 19:00

冬場に室内の健康的な空気を保つための3つの大原則

冬場に室内の健康的な空気を保つための3つの大原則の画像
冬場に室内の健康的な空気を保つための3つの大原則の画像

写真・文/三崎由美子

もうすぐ年の瀬。そろそろ室内に暖房がほしい時期となりました。暖かい室内で、紅茶やコーヒーを飲みながら、テレビや音楽をゆっくり鑑賞するのも、冬の楽しみのひとつですね。

しかし、ずっと室内にこもっていると、 気づかぬうちに汚れた空気を吸って長時間過ごしてしまい、健康を害してしまうかもしれません。暖かく健全な冬を過ごすためには、何に気を付ければよいのでしょうか。

今回は、カリフォルニア大学バークレー校環境工学部のナザロフ教授が提唱する、室内の空気を健康的に保つための3つの原則をご紹介します。
■1:室内の汚染源を元から絶つ
室内には、空気を汚染する物質の放出源がいくつもあります。クリーニングを怠っているエアコンは温風とともにホコリをまき散らし、メンテナンスされていないガスヒーターや石油ストーブは高濃度の一酸化炭素を放出します。暖房器具以外にも、タバコやろうそく、線香など、室内で燃焼するものはすべて汚染源となり得ます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >