2017/12/05 19:00

サプリ依存はなぜ危ない? 医師が奨める「アンチサプリメント」の思想

その一方で、抗酸化ビタミンを豊富に含む食事を摂ると、ほどよい効き目を発揮するように思われるのは、食事のほかの成分と相乗効果を発揮したり、過剰に活性酸素を除去しないからだと作田医師は考えている。

そこで作田医師が本書で推奨しているのが、「アンチサプリメント」。これは作田医師の造語で、サプリの有効成分が含まれている野菜、穀類、豆類を多めに食べるというもの。

特に食物繊維の多い食材や地中海食といった食様式がおすすめと言い、これならサプリにあまり頼らずとも有用な植物性化学物質を摂れるという。

特に注目すべき食材は、ブロッコリーや芽キャベツ、それに大豆だそうで、有効成分のスルフォラファンは、過剰な活性酸素を取り除くのに役立ち、スペルミジンは、老化を抑える働きがあるという。そして、これらの物質は、アルツハイマー病の予防にも有望だとしている。

「アンチサプリメント」の食材は、どれもスーパーで買えるものばかり。もし、健康不安からサプリを余計に摂り過ぎていると感じたら、サプリは減らしてこうした食材を意識して食べるよう切り替えてみてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
『「老い」を遅らせる食べ方』
(作田英成著、本体800円+税、幻冬舎)
https://www.gentosha-book.com/products/9784344914315/

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >