2017/12/29 17:00

飲酒しなくても発症するNASH(非アルコール性脂肪肝炎)予防の3ポイント【名医に聞く健康の秘訣】

飲酒しなくても発症するNASH(非アルコール性脂肪肝炎)予防の3ポイント【名医に聞く健康の秘訣】の画像
飲酒しなくても発症するNASH(非アルコール性脂肪肝炎)予防の3ポイント【名医に聞く健康の秘訣】の画像

取材・文/わたなべあや

“沈黙の臓器”と言われている肝臓。病気になっても進行するまでほとんど自覚症状を感じません。

酒を飲まなければ肝臓病にはならないと思われるかもしれませんが、飲酒をしなくても発症する「非アルコール性脂肪肝炎(NASH、ナッシュ)」という病気があります。NASHを予防するにはどうしたらいいのか、武庫川女子大学教授で臨床栄養学がご専門の雨海照祥(あまがい・てるよし)先生に伺いました。
■自覚症状をほとんど感じない「非アルコール性脂肪肝炎」
「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」は、比較的男性に多くみられる肝炎で飲酒してもしなくてもかかる可能性があります。中年期以降徐々に進行していくのですが、ほとんど症状を感じることがなく、ボディーブローのようにゆっくり、ゆっくり肝臓をむしばむ病気です。

従来、肝炎といえばウイルス性の肝炎、つまり、B型肝炎やC型肝炎のような感染症のことを現していました。しかし、NASHはウイルスや飲酒によるものではなく、肥満や糖尿病など、いわゆる「メタボリックシンドローム」が原因で発症し、生活習慣病を併せ持っていることが多い病気です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >