2018/04/02 19:00

高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ

高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つの画像
高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つの画像

文/鈴木拓也

「運転中にヒヤリとすることが多くなった」というサライ世代は少なくないだろう。感覚や判断力の衰えを自覚して、免許証の自主返納を考える方もいらっしゃるかもしれない。

今や運転免許保有者の約2割(約1,800万人)が65歳以上となり、日本の車社会も確実に高齢化が進んでいる。それを受け、2017年には道路交通法が改正され、一定の違反行為があれば認知機能検査を受けさせるなど、運転技能のチェック体制が厳格になりつつある。

そんな中、シニア世代が運転を続けるための情報や対策を盛り込んだ書籍『運転を続けるための認知症予防』(JAFメディアワークス)を上梓したのが、日本認知症予防学会理事長で鳥取大学医学部教授の浦上克哉氏だ。

『運転を続けるための認知症予防』(JAFメディアワークス)

本書で浦上教授は、「より一層、安全に気をつける必要があります」と前置きしながら、仮に軽度認知障害(MCI)であってもできる、安全運転のコツを多数載せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >