2018/04/03 11:30

徳川慶喜やペリー提督も愛した伝説の薬酒「保命酒」を飲んでみた

徳川慶喜やペリー提督も愛した伝説の薬酒「保命酒」を飲んでみたの画像
徳川慶喜やペリー提督も愛した伝説の薬酒「保命酒」を飲んでみたの画像

文/鈴木拓也

徳川家の歴代将軍で、最も長命を誇った15代慶喜(享年77歳)。彼が晩年愛飲した酒「保命酒」(ほうめいしゅ)をご存知だろうか? 焼酎の1種だが、高麗人参や枸杞子など16種類もの薬草が漬け込まれて造られている点で、ふつうの焼酎と大きく異なる。

この酒を発案したのは、中村吉兵衛という江戸時代初期の人物。彼は大坂の漢方医の家に生まれたため、舶来の薬草の買い付けに、しばしば海路で長崎まで出かけた。その途次に立ち寄った福山藩の良港鞆の浦(とものうら)で美味な地酒があることを知り、持っていた薬草を加えれば、薬効のある美酒になるやと、いろいろ試して完成したのが保命酒のはじまりである。

保命酒は、福山の人々から高い評価を得て、後に福山藩の御用酒となり、諸大名への献上品に使われるなど、単なる薬酒でなく格上の高級酒として扱われるようになった。そして江戸時代も後期を過ぎると、頼山陽、ペリー提督、そして徳川慶喜といった歴史的著名人に愛好されるなど、名声をほしいままにした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >