2017/05/20 08:15

跡を残したくない!顔のやけどの治療方法とは?

顔のやけどの種類と種類による治療方法の違いについて解説します。

やけどの種類と分類方法とは

やけど(熱傷)は皮膚の炎症の深さによって、「Ⅰ度熱傷」から「Ⅲ度熱傷」まで分類され、顔のやけどの場合も同様です。やけどは深さと炎症の広さによって、医療機関での治療や入院の必要性を判断します。それぞれの分類の特徴は、以下になります。

  • Ⅰ度熱傷…皮膚の表皮に赤みやむくみが生じて、痛みもありますが、2~3日で自然に治り、跡は残らない状態です。
  • Ⅱ度熱傷…皮膚の表皮とその下の真皮までのやけどで、水ぶくれをともないます。
  • Ⅲ度熱傷…皮下組織にまでおよぶ深いやけどを差し、皮膚に水ぶくれはできず、黒こげになっているか、白っぽくなっている状態です。神経にまでやけどが達しているため、痛みを感じません。

I度のやけどの治療は自宅で行うのが基本

顔のやけどで、皮膚に痛みがあり赤みや腫れが生じても、水ぶくれがなければⅠ度熱傷です。医療機関を受診する必要はなく、冷やして自宅で様子を見るのが基本です。皮膚のヒリヒリした痛みが気になるようであれば、病院を受診すると塗り薬が処方されます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >