2017/11/15 12:10

ダイエッター必見!糖質・脂質の吸収を抑えてくれる成分とは?

糖質の吸収を抑える成分「アップルペクチン」って?

「1日1個のリンゴで医者いらず」といわれるように、甘くて美味しい栄養満点なリンゴ。昔から疲労や病後の体力回復によいとされてきました。実は、 リンゴの栄養素であるアップルペクチンが、糖質が吸収されるのを抑えてくれる成分として注目されています。

アップルペクチンは、急激に血糖値が上がるのを防ぐ効果を持っています。これは、インシュリンの抑制につながります。では、そのインシュリンが分泌されているとどうなるのでしょうか…?

血糖値が上がると、膵臓からインシュリンが分泌されて糖をエネルギーに変える準備をします。この過程でインシュリンが分泌されている間は、脂肪を燃焼することができなくなってしまいます。

つまり、インシュリンを抑えてくれるアップルペクチンのおかげで、脂肪が燃焼しやすくなるってことですね。そんな効果があるなんて、毎日のリンゴ習慣を始めてみたくなってしまいますね!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン