2017/03/21 08:15

顔の傷跡はレーザー治療で目立たなくなる?

傷跡を治すのにレーザー治療が有効であるということは、広く知られています。傷跡には、ニキビ跡や手術の跡、やけどの跡など、さまざまな種類があります。レーザー治療は、これらすべての傷跡に効果があるのでしょうか? ここでは、さまざまな傷跡に対するレーザー治療の有効性について、詳しく解説します。

レーザー治療が適している傷跡とは?

顔にできる傷跡には、水疱(水ぼうそう)の跡やニキビ跡のようにへこみのあるもの、平らなもの、皮膚が盛り上がっているものなどがあります。それぞれのタイプの傷跡に対するレーザー治療の効果は、以下のとおりです。

へこみのある傷跡

水疱(水ぼうそう)の跡のように、赤みのないへこんだ傷跡に対して、レーザー治療はとても有効です。炭酸ガスレーザーやYAG(ヤグ)レーザーで傷跡の段差を削り、うまく平坦にできれば、跡を残さずにきれいに治すことができます。レーザーで削った部分は、傷が治るまで湿潤環境を維持する必要があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >