2017/12/03 12:10

キレイな理想のバストになりたい!悩み別にみる正しい対処法を教えます!!

遺伝子以外のバストが小さい原因

まずは、代表的なバストの悩み、バストの大きさ。自分のバストは小さいと悩んでいませんか?まずは、原因をみてみましょう。

バストが小さい原因は乳腺の小ささや、脂肪が少ないことなどの先天的な理由が主ではありますが、ホルモンバランスが不安定になってしまうことにも要因はあるのです。

では、女性ホルモンバランスが崩れてしまう具体的な原因をみてみましょう!

(1)日常生活の影響
脳から伝達を受けて分泌する女性ホルモンは、とてもデリケートです。当然ながら、日常生活の影響を大きく受けるため、規則正しい生活を送ることが大切です。

(2)冷え
女性ホルモンは血液の流れに乗って全身を巡ります。そのため、冷えによる血行不良は血液の循環を低下させ、ホルモンの停滞を招きます。

(3)ストレス
現代人はとても多くのストレスを感じていると言いますが、このストレスによっても簡単に女性ホルモンのバランスは崩れてしまいます。

このように、バストが小さい理由は遺伝子だけが理由ではありません。上記の3点に気をつけましょう!こちらでバストアップのマッサージ方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

乳腺刺激マッサージでバストアップ

垂れたバストを治す方法

一度垂れてしまったバストを、自力で元に戻すのは難しいです。しかし、下垂を食い止め、ハリを取り戻すにはいくつかの方法があります!ここでは、バストをケアして下垂を食い止める方法をいくつか紹介します!

大胸筋はバストを支えている筋肉です。大胸筋を鍛えたり刺激を与えたりすることでバストの下垂を予防し、ハリをアップさせることができます。

では、どのように鍛えるのがよいのでしょうか?ここでは、エクササイズだけでなく、下着の選び方やその他のポイント、さらに出産後のバストケア方法までご紹介いたします。

ドクター監修!垂れた胸のケア方法

黒ずみのケア方法

「バストトップの黒ずみ」に悩み、コンプレックスを抱いている女性は多いようで、20〜30代の日本人女性の9割以上が乳首の色にコンプレックスを抱いていると聞きます。こちらでは、自宅で手軽にできるセルフケアから最新医療まで、簡単にご紹介したいと思います。

バストトップの黒ずみの原因は、自然に体内で生成されるメラニンという色素成分が沈着しているためです。

メラニンは、紫外線や外からの刺激から守るために生成されますが、バストトップの場合は、柔らかい先の部分を保護するために色素が沈着しやすくできているのです。では、こちらでバストトップのケア方法をご紹介します!

ピンク色のバストトップになる方法

これで理想のバストに...!

いかがでしたか?しっかりとケアをして、コンプレックスを改善して理想のバストに近づきましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >