2017/06/29 20:10

“お酒好き女子”に朗報。「ビール&枝豆」は貴女にとっても相性◎なんです

仕事終わりのビールがたまらない

「仕事終わりのビール一杯とおつまみの枝豆」と聞けば、お酒が好きな方には、最高の組み合わせ。しかし、仕事帰りや寝る前の晩酌など、ビールが「おいしい!」と思いながらも、実は健康面が気になっていませんか?

ビール=太りやすいというイメージもありますが、実はビールはダイエットの敵ではないのです!ここでは、「ビールと枝豆」に隠された女性に嬉しい効果をご紹介します。

ビールを飲むとキレイになれる!?

ビール腹とは、ビールを飲み過ぎてお腹がぽっこり出てしまっている人の代名詞としてよく使われていますが、驚くべきことに、ビールとビール腹には何の関係性もないことが、近年の研究によって明らかにされています。

つまり、お腹が出ている原因は、単なる運動不足であると考えられているのです。ビールの原料はホップですが、このホップには「フィストロゲン」という女性ホルモン様成分が含まれています。

女性ホルモン様成分とは、女性ホルモンそのものではないですが、構造が非常によく似た成分のこと。大豆に多く含まれることで有名なイソフラボンも、女性ホルモン様成分のひとつです。

美肌効果もあるってホント!?

でも、注意すべきことも…

ビールにも嬉しい効能があることがわかりましたが、カロリーを気にせずにどんどん飲んでいいかというと、やはりそうではありません。

今では盛んに「糖質0」や「カロリーオフ」などのビールが出回っていますが、アルコールには内臓脂肪を増やす働きのある成分も含まれているため、飲む量の加減をしないと当然、太る可能性があります。

少しお値段は高くなってしまいますが、女性ホルモン効果を望むのであれば、麦芽100%のビールを選んでくださいね。

「飲む量」も注意が必要なんです!

枝豆は大豆に負けない美容フード!

大豆の未熟な豆が枝豆であり、枝豆と大豆は、元は同じもの。つまり、大豆に含まれているイソフラボンは、枝豆にも含まれているのです。含有量は、大豆に比べるとやや控えめであるものの、豆腐とだいたい同じくらい。

タンパク質やビタミンB1、C、E、β-カロテンなど、豆と野菜の栄養素を豊富に備えた優秀食材。さらに、枝豆にはアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助け、飲み過ぎや二日酔いを防いでくれる効果もあります。

枝豆の嬉しい効果とおすすめレシピ

くれぐれも飲み過ぎないように。

いかがでしたか。こんな効果を知ったらますますお酒が進んでしまいそうですが、過剰飲酒で健康を害してしまっては、元も子もありません。自分の適量をきちんと把握して、くれぐれも飲み過ぎないよう注意しましょう。

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「スキンケア大学」をチェック!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >