2017/07/15 20:10

これは簡単!自宅で気軽にできる筋トレとは

筋肉トレーニングはジムに行かなくても、自宅でも行なうことができます。特別なマシンなどを使わない筋トレ方法でも、十分効果を得ることができます。

自宅でも可能な筋トレ方法

自宅でできる筋トレの1つとして、「自重トレーニング」があります。代表的なものとしては、腕立て伏せ、クランチ、逆立ち、チンニング(懸垂)、スクワット、バックエクステンション(背筋)などがあります。

スクワットでは、大腿四頭筋やハムストリングス、大殿筋(だいでんきん)などの下半身の大きな筋肉を一度にトレーニングすることができ、基礎代謝アップにも効果的です。スクワットが下半身を鍛える筋トレであるのに対し、上半身の筋肉をトレーニングすることができるのが腕立て伏せです。腕立て伏せは、腕の筋力だけでなく、肩の周りの筋肉、腹筋、大臀筋といった筋肉も鍛えることができます。クランチは、床に仰向けになってひざを立て、上半身を起こすことで、腹筋、特にお腹を縦に走る長い腹直筋を鍛えることができます。

引用:ヘルスケア大学

食事で筋肉の修復を助ける

筋肉を鍛えるには実際に筋肉を動かすというトレーニングも大切ですが、食事で筋肉に必要とされる栄養素を補うこともまた、とても重要なことです。

筋トレをするときは、筋肉を使っていてブドウ糖がエネルギーとして使われ消費されるので、しっかりと補給することが重要です。筋トレ後は、筋肉の成長に必要なインスリンの分泌を促す糖質と、筋トレによって損傷した筋線維を修復するためのタンパク質を30分以内に摂ることが理想的です。

引用:ヘルスケア大学

エネルギー代謝に必要なビタミンB1やビタミンB2、筋肉や骨の生成に関与するコラーゲンの生成を促すビタミンC、ミネラルの補給も忘れずに行いましょう。

自宅でもできる筋トレ方法はたくさんある!

仕事の勤務時間や生活スタイルなどによってジムに通うことが難しい方でも、このように自宅でできる筋トレ方法で体づくりに専念することができます。都合のいい時間帯にマイペースで実践できるため、継続しやすいと言えるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >