2017/11/14 12:10

その洗い方で大丈夫?かさつく乾燥肌を改善する洗顔方法

近年では、お肌の乾燥に悩まされる方が増加する傾向にあるといわれています。お肌のかさつきを改善するためには、どのように洗顔を行えばいいのでしょうか。

なぜ洗顔方法を見直すべきか

洗顔のやりかたがよくないと、乾燥が進んでかさつきが増すこともあります。

お肌の水分保持力は、角質層の細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%、皮脂が2%を担っているので、これらが流出すると、お肌の水分保持力は激減してしまいます。

引用:スキンケア大学

顔を洗う際に使用する洗顔料により、天然保湿因子や細胞間脂質、皮脂膜が流されてしまうことがあります。これらの成分が顔からなくなってしまうと水分を失いやすくなり、乾燥肌になりやすくなってしまいます。

洗顔をするタイミングはいつ?

洗顔をすると、顔面の皮膚から水分を保持する働きをする成分が流出してしまうので、乾燥肌の方は洗顔はできるだけ夜の一回のみにしてください。

朝に洗顔をしてしまうと、夜の間に回復した天然保湿因子や細胞間脂質が流されてしまい、お肌への負担が大きい日中を、防護なしで過ごすことになりかねません。しかし、皮脂の多い方は、朝に洗顔を行うことを視野に入れてもいいかもしれません。

夜だけ洗顔を行う方法のメリットは、当然ながらお肌の水分保持力が高まった状態をキープできることですが、皮脂が比較的多い人にとっては、「酸化した皮脂を取り除けない」という点がデメリットになります。

引用:スキンケア大学

洗顔以外の原因にも注意する

洗顔を少し工夫するだけで、乾燥肌への対策をすることはできますが、乾燥肌の原因は洗顔だけとは限りません。かさつきの原因として、食生活などがあげられることもありますので、洗顔も含めて日常生活の見直しを再度行ってみてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >