2018/01/13 12:10

アイクリームを使うときに知っておきたい!有効成分の種類

皮膚が薄い目元はデリケートで花粉や紫外線などの影響を受けやすい部分です。また、シワやたるみができやすいため、有効成分が配合されたアイクリームでのケアを行うことが大切です。

目元の乾燥に有効な成分

目元は皮膚が薄いため、乾燥しやすい部分です。化粧水などで水分を与えて、乳液などで蒸発を防ぐだけでは水分を維持する力がありません。

そのため「セラミド」や「ヒアルロン酸」など、水分を保持する働きを持った成分が配合されているものを使うとよいでしょう。

引用:スキンケア

目元のシワやたるみに効果的な成分の種類

目元のシワやたるみに効果のある成分は次の2つです。アイクリームを選ぶときには、これらの成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

ペプチド

お肌にハリやツヤを取り戻す効果のある成分です。

ペプチドはアミノ酸がいくつか繋がる構造をしていますが、分子量が小さいので皮膚に浸透しやすくお肌のハリや弾力を改善したり、表情ジワを少なくする作用があります。

引用:スキンケア大学

ビタミンA

皮膚に必要不可欠な成分といわれているのが、ビタミンAです。

傷んだ細胞を修復し、線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る働きがあります。その結果、シワが薄くなり肌にハリが出てくるのです。

引用:スキンケア大学

アイクリームを使うときは摩擦に注意

目元の皮膚は、とてもデリケートです。有効な成分が配合させているからといって強くこすると皮膚を傷つける原因となります。

アイクリームを塗る際、強くこすると肌に刺激となり、色素が沈着してしまいます。これが茶ぐまの原因となってしまうこともあります。

引用:スキンケア大学

アイクリームの成分をチェックする

さまざまな種類のアイクリームがありますが、悩みを改善する成分が配合されたものを選ぶことをおすすめします。毎日ケアをすることで、症状の改善につながることが期待できますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >