2017/07/11 20:10

クマやくすみをうまく隠そう!アラサーにぴったりなメイクのコツ

クマやくすみがコンプレックスになり、精神的に落ちこむこともあるかもしれません。そのような事態を防ぐためにも、美しく見せるためのメイクのコツを押さえておきましょう。

アラサーになって失われるもの

アラサーになると、透明感とツヤが失われやすくなります。クマやくすみなどがあると透明感が失われるので、これらをうまく隠すことが大切です。

クマは、オレンジ系やイエロー系のコントロールカラーを使うと目立たなくなります。大まかに言うと青っぽいクマにはオレンジ系、茶色っぽいクマにはイエロー系が良いとされています。しかし、そのコントロールカラーがその人自身の肌色に合わない場合や、肌質に合わない場合はコンシーラーでも構いません。

引用:スキンケア大学

また、くすみを目立たせないために、ファンデーションの色もしっかり選びましょう。顔色ではなく、首の色に合わせて決めると、より自然な仕上がりに近づきます。できればサンプルなどで、一度顔にきちんと塗ってから決めるのがベストです。

ツヤ感を出すには自分のお肌に合う色のファンデーションにプラスして、Tゾーンと目の下にハイライトを足すと効果的。パールの入ったルーセントパウダーなどでもいいでしょう。

引用:スキンケア大学

TPOに合わせてメイクする

どれだけ美しく見せることができても、TPOにそぐわなければ周りの人を不快な気持ちにさせてしまうおそれがあります。まずは、ばっちりメイクをしてから、少しずつ調整していくことがコツです。

例えば、アイブローペンシルとパウダーを使ってしっかり眉を描いていたのなら、パウダーだけにしてみる。ボリュームマスカラを使っていたのなら、控えめの仕上がりのものに変える。ルージュにグロスを重ねていたのならグロスだけにしてみる、などです。

引用:スキンケア大学

また、肌の質感づくりに関しても同様です。コントロールカラーやコンシーラーを使った後に、ファンデーションを均一に塗り重ねてハイライトを入れていたのがMAXだとすれば、コンシーラー類を塗ったところにはファンデーションはあまり塗らない。またはハイライトの幅を少し細くしてみるなど、最大限の状態から少しずつ引き算していくと、求めているものが見つけられるでしょう。

引用:スキンケア大学

アラサー肌は乾燥しやすい

皮脂の分泌量は20代でピークを迎えるため、アラサーになると皮脂が少なくなってきて、乾燥しやすくなります。次のような成分を含む化粧品を使用することで、うるおいをとり戻すことができるでしょう。

(1)水分をはさみこむ性質を持つ、セラミド

セラミドは、角質の細胞と細胞の間でサンドイッチのように水分をはさみこむ性質を持っています。ところがこのセラミドは、年齢と共に減っていきますので、基礎化粧品などで補ってあげることが必要です。

(2)水分を抱え込む、ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も元々皮膚の中にあり、自らの200〜600倍もの水分を抱え込むことができる高い保湿能力を持っています。水溶性なので、化粧水でも乳液でも取り入れやすい成分です。

引用:スキンケア大学

賢いメイクで美肌を演出しよう

メイクの方法次第で、美しい肌に見せることができます。間違った方法でメイクをすると、かえって違和感のある見た目になってしまうので注意しましょう。また、肌にうるおいを与える成分を含む化粧品を積極にとり入れることが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >