2017/07/18 20:10

シミやシワが目立ちやすくなる?アラフォーのメイクのコツとは?

広範囲にわたって濃いシミができると、メイクで隠しきることが難しくなります。シミやシワのケアをしつつ、メイクでカバーしましょう。

アラフォーになると肌はどうなる?

アラフォーになると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるといわれています。さらに、これまで浴びてきた紫外線の影響などが現れて、さまざまな肌トラブルが引き起こされます。まずは、肌トラブルが悪化しないよう紫外線対策をすることが大切です。

老人性色素斑をはじめシミの多くは紫外線が原因となるので、日中のUVケアを万全にしましょう。外出時には日焼け止めクリームを塗り、必要に応じて帽子と日傘のダブルで紫外線から守るのも効果的です。

また、老人性色素斑のごく初期の薄いもの、肝斑、炎症性色素斑がすでにできてしまっている場合には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分が有効です。また、シミを予防するための代表的な美白成分としては、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸、プラセンタなどがあります。これらの成分が配合された化粧品を使用するとよいでしょう。

引用:スキンケア大学

アラフォーのメイクのコツ

アラフォーになると体毛が薄くなる傾向があり、眉が薄くなって印象が薄い顔になりやすいともいわれています。これまで使用してきたものよりも一段濃いアイブローパウダーやペンシルを使いましょう。また、目尻のたるみに対しては、次のようなメイクで対処しましょう。

たるみによって目尻が下がってきたと感じたら、目元を引き締めるアイラインを少し太目か、ミリ単位で長くしてみてはどうでしょうか。または、上まぶただけでなく、下まぶたの目尻のほうに少しだけプラスしてみるのもおすすめです。

引用:スキンケア大学

もしアイラインを今までアイペンシルで描いていたのなら、リキッドやジェルタイプのものに変えてみると、印象が変わることがあります。

アイラインを引く際は、上まぶたのラインは、目尻より少しはみ出すように描きつつ、目尻を少し上向きに跳ね上げると、目元のリフトアップ効果があります。

引用:スキンケア大学

ファンデーションのおすすめは?

肌トラブルの原因になる紫外線を防ぐために、UVカット効果が期待できるパウダーファンデーションを使用しましょう。また、リキッドファンデーションは次のような特徴があるので、パウダーファンデーションと使い分けることをおすすめします。

乾燥肌で、かつ艶のある仕上がりを希望するならばリキッドファンデーションが適しています。しかし、リキッドファンデーションのデメリットは水分を多く含むため防腐剤を入れざるを得ず、肌に刺激となる場合があることです。また、紫外線防止効果もパウダーファンデーションと比べると少し劣りますので、乾燥しがちな冬場に使用するなどパウダータイプと使い分けることをおすすめします。

引用:スキンケア大学

シミやシワの対処が大切

シミやシワは、実年齢よりも老けて見える原因になります。これらを防ぎつつ、メイクでカバーすることをおすすめします。間違ったメイクをしてしまうと、かえってシミやシワが目立つこともあるので、正しいメイクの方法をしっかり確認しておきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >