2018/01/05 12:10

口臭がひどい人の特徴は唾液量にあった!口臭の原因と改善策

口臭は、虫歯などの口腔内の環境や食べ物、そして精神的な要素が関係しているといわれています。具体的な原因を知って、セルフチェックをしながら口臭対策をしていきましょう。

自分の口臭を確かめる方法

自分では気づきにくい口臭ですが、コップや袋を使って息を吹き込み、においを嗅ぐことで確認する方法があります。

コップや袋に息を吹きかけ、逃げないように閉じ込めます。一度新鮮な空気を吸い直してから改めて閉じ込めた息の臭いを嗅いでみましょう。起床時や食事後など、条件によって臭いは変化しますので、状況を変えて何度か試してみるといいでしょう。

引用:ヘルスケア大学

口の乾燥が口臭の原因?

唾液は口臭の原因となる汚れを流したり、細菌の増殖を抑えたりする働きがあります。口呼吸の人は口が乾燥しやすく、それが口臭の原因になるといわれています。自分が口呼吸になっていないか、特徴をチェックしてみましょう。

・口を閉じたとき、あごに梅干のようなシワがよっている

・睡眠中にいびきや歯ぎしりをしている

・朝起きたときにのどが痛む

・唇がよく乾く

・口内炎になりやすい

引用:ヘルスケア大学

コーヒーが口臭を招く!?

コーヒーをよく飲む人は、もしかしたら口臭が強くなっているかもしれません。コーヒーの成分が、口臭の原因となる可能性があるからです。

コーヒーの焙煎成分が舌の表面に付着することで、舌苔(ぜったい)と呼ばれる白い付着物が着色し、独特の臭気を発生させます。

引用:ヘルスケア大学

コーヒーを飲んだ後は、水を飲んだり、キシリトールガムを噛んだりすることで口臭を予防しましょう。舌磨きを行うこともおすすめです。

タバコを吸う人は要注意

タバコに含まれる成分が口臭の原因になるといわれています。特にコーヒーとの組み合わせはにおいを助長するとされているため注意が必要です。

喫煙後の対策には、タールの口腔内残留防止と、ニコチンと一酸化炭素の作用で低下してしまう唾液分泌の促進があります。

引用:ヘルスケア大学

こまめな口臭対策を

口呼吸や緊張などのストレスは口が渇きやすい状況となり、また、コーヒーやタバコも唾液の分泌量を低下させるといわれています。歯磨きやこまめな水分補給などで口臭対策をしていきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >